愛することも 死ぬことも 美しすぎて 絵に 無らない


by matao21

親愛なるハリーポッター殿

タイトルからわかるかと思いますが,『ハリーポッターと賢者の石』を読んでいます。
妻に強制的に薦められ,休憩時間や通勤時間にちょこちょこと読んでいます。
読む前はそんなに面白くない(読みづらい)と思ってやや敬遠気味だったのですが,読み始めると,「おお!読みやすいではないか!」とのことで,意外にはまり中だったりします。

さて,なぜ読みづらいと決め込んでいたかなんですが,ロード・オブ・ザ・リングで有名なJ・R・Rトールキンの指輪物語を,中学生の頃 ―かれこれ十数年前― に指輪物語の11冊くらいのセットを購入して,読んだのですが・・・
読みづれー!日本語になってねー!Hage----!
という感じで,いやそんな感じでもないんですけども,非常に読みづらく,何を言っているのかさっぱりわからない。で,3巻目くらいまではどうにか読んだ,っていうより目を通した?んですが,もうこりゃ駄目だ!と諦めた経緯があります。

話はハリポタに戻ります。
ハリポタのおかげで,洋書(もちろん日本語訳してあるもの)もいいかなーと考え直しました。

ハリポタを読む → 映画を見る

ということを繰り返して,違いを楽しむなんてことをしています。
まー繰り返すって言ってもまだ1回しかしてませんがねw

ハ!ブログ書いてたらハリポタ読む時間が少なくなってる・・・
[PR]
by matao21 | 2004-09-16 12:38 | 雑談