愛することも 死ぬことも 美しすぎて 絵に 無らない


by matao21

カテゴリ:雑談( 205 )

フロドよかサムのほうが頑張ってるな。
[PR]
by matao21 | 2006-04-01 23:21 | 雑談
ミニストップダブルベリーパフェ(295円)を食した。
ベリー好きの私にとって、とてもいい安グルメになりそう。
ブルーベリーもストロベリーもしゃりしゃりのフローズン状態。歯ごたえも良い感じです。オススメょ。
[PR]
by matao21 | 2006-03-21 00:08 | 雑談

あー

磯部煎餅が食べたい。
[PR]
by matao21 | 2006-03-18 19:50 | 雑談

おばさんという生き物

 今日、電車に乗っていたときのこと。

 左にはおじさん二人。右にはわずかな隙間を開けておばさん他数人。隙間は10~15センチくらい開いていた。

 ある停車駅で、この隙間におばさんが座ろうとしてきた。「すいませ~ん。いいですか~?」とおばさんが言った。

 右を見ても左を見ても、隙間は10~15センチの部分だけ。他には詰めるスペースが無い。右隣のおばさんは無言で立ち上がりドアへ移動した。

 座ろうと声をかけたおばさんは「いいんですか~?」と心にも無いのか有るのか分からないが、声を発した。

 ちなみに、座れたおばさんは降りるまで狸寝入りをしていた。(駅に着く直前や空いている時はキョロキョロしていた。)


 一方、向かい側前方の座席でも静かなバトルが繰り広げられていた。

 違う停車駅で二人分ほどの座席が空き、まあまあ若めな女性(以下「ワカメ」)が真ん中に陣取った。

 同駅で乗り込んで来た化粧濃いめなおばさんが、その両側にできた隙間の片方〔大きめな方〕に座ろうと隙間の前に立ち、臨戦態勢に入った。

 しかし、ワカメも、先のおばさん同様狸寝入りをしたり、まったく関係ない方を向いたり、完全にシカトを決め込み、下車駅まで膠着状態が続いた。

 気になる結果はワカメの勝利だった。

 ・自転車に乗るとき、変な乗り方をする
 ・このクソ寒いのにもかかわらず薄着でがたがた震えながら、玄関先で話に夢中になる
 ・車を運転していて、合流時や、信号で右折をさせてもらった時など、相手に見えもしないのに、微妙な会釈をする

 などなど、おばさんの生態観察は飽きることが無い。
[PR]
by matao21 | 2006-03-03 18:57 | 雑談
昨日、楽天ブックスでポイント2倍キャンペーンをしていた。
送料無料キャンペーンもやっているので、アゴなしゲンとオレ物語21巻を予約購入しようとしたら、売り切れだった。
そんなに需要がある本じゃないと思うんだけどな・・・
[PR]
by matao21 | 2006-02-26 18:28 | 雑談

ビデオカメラ

昨年ハイビジョンのビデオカメラが発売された。
メーカーとサイズがいまいちだが、密かにそれを買おうとしていた。
今日父からケーズデンキで安売りをしているとの報告を受けた。
ネットで調べてみると、確かにネットよりも安い。
しかし、これはおかしいと調べてみるとやっぱりあった。、新製品が
サイズが71×94×188mmから82×78×139mmになった(下図参照)。
b0026125_17571096.jpg
あとは安くなるのを待つだけ。
[PR]
by matao21 | 2006-02-26 18:05 | 雑談
R25に紹介されてた探偵事務所5が密かなマイブーム。
ネットシネマに見入ってしまいます。
[PR]
by matao21 | 2006-02-26 15:01 | 雑談

20世紀少年21巻

発売予定日が近づいてきた。
送料無料キャンペーンが延長されてたので楽天ブックスで予約した。
早く送られてこないかなー。

ちなみに、
・初めて携帯から購入すると200ポイントプレゼント
・購入額に応じてポイント倍増(3500円以上の購入が対象)
・送料無料キャンペーン
をしていた。
[PR]
by matao21 | 2006-02-19 23:21 | 雑談

久々にいい話

 今日の大改造!!劇的ビフォーアフターで、10年前の阪神大震災で焼け出されて、今はお稲荷さんの管理をしながら、その社務所を借りて暮らしている人の家のリフォームをやっていた。元々住宅用の建物じゃなかったから、廃材を利用して増築したり改造したりして住んでたらしい。でもやっぱり素人が作った家だから隙間だらけ。外気温とほとんど変わらないような家だったらしい。
 そんな家を予算300万(289万で完成)で劇的に変身してますた。夢だった露天風呂やら、きれいになった風呂(結構豪華)やらいろいろと。
 完成して、お父さんが「(震災で焼け出されて10年)やっと・・・(泣)」みたいなことを言って泣いてたよ。もらい泣きというか、感動してウルウルしてしまったまたおでした。近所の人たちにも恵まれてるようで、これからも頑張ってもらいたいと切に願いました。

以下、公式ページより抜粋。
2006/02/19 19:58 放送
神社の社務所を無理矢理に住居に改造した「つぎはぎだらけの家」を劇的に大改造!
神社の社務所を無理矢理に住居に改造したため、様々な問題を抱えた通称「つぎはぎだらけの家」を劇的に大改造!外から丸見えの浴槽!鍵がかからない窓!土台崩壊の危機!
【内容】
 神社の社務所を無理矢理に住居に改造したため、様々な問題を抱えた通称「つぎはぎだらけの家」を劇的に大改造する。
 今回の依頼は奈良県磯城郡のN家(依頼者・夫52歳、妻50歳、長女10歳)。以前、神戸で暮らしていたN家は、阪神大震災で家と職を失ったので、当時生まれたばかりの長女を連れ、友人の紹介で移り住んだのが今の住まい。もともと神社の社務所兼倉庫として利用されていた建物で住居用ではなかったため、近所の人に譲ってもらった物や廃材で家を継ぎ足し、お風呂や台所、子供部屋などを自分たちの手で増築して暮らし始めた。しかし、ベニヤの足りない天井からは断熱材が飛び出し、窓の大きさもバラバラで建て付けが悪く、隙間だらけで鍵もかからない。冬には外気と変わらないほどの寒さに襲われ、長女は毛布をかぶって勉強している。コンクリートで囲われた、寒々しいお風呂にはもらってきた浴槽がむき出しのままで置かれて、外から丸見え。こんな暮らしも既に10年が経ち、なんと増築した家の東側部分の土台が崩れかけている。家族三人がいつも温かく、快適に暮らせる家にしたい。そんなN家の願いを受けて、一人の男が立ち上がった。リフォームの匠、金井良一。これまで造園家として庭のリフォーム(2004.12.5OA「犬が嫌がる家」など)を手がけてきた“廃材のスタイリスト”が今回初めて住宅に挑戦。果たしてどんなリフォームを見せるのか?

[PR]
by matao21 | 2006-02-19 22:16 | 雑談

ラーメン真骨頂

昨日、店頭に並んでいるのを発見して即購入。
今日、無性にラーメンを食べたくなり検索してみるが、近場でうまそうなところがない。
そこで昨日買ったラーメン食べてみるかと思い立ち、食べてみた。
感想:そこいらで下手なラーメン食べるなら、真骨頂のほうが(゜Д゜ )ウモォー。スープの色が濃く、しょっぱいのかと思ったけど、全然しょっぱくなくて、逆に良い感じ。チャーシューもトロチャーシューっぽくて(・∀・)イイ!!また買おうっと。
[PR]
by matao21 | 2006-02-19 19:16 | 雑談